Awesomeの意味や使い方・スラングの10の例文と発音

Awesomeの意味や使い方・スラングの10の例文と発音

日本人にはあまり知られてないけどネイティブはよく使っている言葉です。

使いこなせたらかっこいい!

Awesomeってそういう言葉です。

しかも嬉しいことに日本人にとって発音しやすい単語です。

これを使わないなんてもったいないですね。

英語のスラングや流行の言葉を知っていれば、ネイティブの言った意味がダイレクトに理解できます。

Awesome を知っていた人、すでに使っている人もこのAwesomeの生い立ちやエピソードを知って「へぇ、そうなんだ!」と新しい発見をしてください。

その新鮮な感動がこれからの英語学習にもっと興味が湧くと思います。

いつ、どう使ったらかっこいいのか、何に対して使うのか、わかりやすいように説明していきます。

【「Awesome」の発音(読み方)】

発音記号はɔ'ːsəmです。

カタカナ発音のオーサムによく似ています。

しかし似て非なるもの、日本語と英語の発音の違いを感じてください。

ここでの“A”の音は「オー」と「アー」の中間のような音です。

この“W”のところで「ウ」の音は出しません。

アルファベットの“S”の音はヘビが発するようなシーという風の音です。

それを考えながら“S”と次の“O“を合わせて爽やかに「サ」と言うとうまくいくようです。

“M”は日本語の「ム」の音とは違って「ウ」の音が入りません。

ストレスは最初の母音の“A”です。

早く言う必要はありません。

むしろゆっくりハッキリ発音して一回で聞き取ってもらったほうが会話はスムーズです。

発音が上手くいかない人は頭の中のカタカナが発音の邪魔になっているのです。

カタカナを一掃させてからもう一度トライしてみてください。

ポイント

・最初の母音と強く発音する

・Wで「ウ」といわない

・Sの風の音もハッキリ発音する

・Mで「ム」といわない

【Awesome本来の意味】

あるネイティブの大学教授が授業中に学生を褒める時に「Perfect」「Excellent」「Brilliant」「Fantastic」「 Wonderful」などの言葉で 毎日何度も学生の士気を上げてくれました。

でも私はそのような学生を持ち上げる言葉の中でawesomeを一度も聞いたことがありませんでした。

Awesomeは辞書には「畏敬の念を引き起こすまたは誘発する」「圧倒的の 、賞賛、または恐怖の感覚を刺激する」「畏敬の念を示す敬意、賞賛、または恐怖」とあります。

圧倒的な超自然に対する言葉を、教授が学生を褒める時に使わないのは当然なのでしょう。

クリスチャン生活の基盤の聖書でも比較的新しい訳ではawesomeが awe-inspiring「恐れ敬う」にとり変わって使われています。

ところでAwesome のAweは「畏怖」「畏敬」の恐れ多い意味の言葉です。

例 )
He shook his head in awe.
彼は畏敬な気持ちで頭を振った。

*神々しい気持ちのあまりに自分を見失いそうになって頭を振った表現です。

AwesomeはこのAweが主体になった単語です。

【Awesomeと同じ道をたどるawful】

Awesomeと同じようにawful「厳か」も本来の意味から変化して「すごい」「ひどい」などに使われている言葉のひとつです。

このように英語もたくさんの言葉がスラングとなって時代とともに薄れていったり、変化したりするのです。

スラングとして使う時でも本来の意味を知って、意識していれば失礼になることはありませんね。

例 )(本来のawfulの意味)
You must feel awful about it.
厳かに感じないといけないよ
例 )(スラングのawfulの意味)
I had an awful crush on him when we were in high school.
私たちが高校生だった時に、私ったら彼にめちゃくちゃ恋しちゃったのよ。

【スラングの「Awesome」の意味】

Awesomeの元の意味がそれほど知られていないので本当にスラングなのかな?と思いがちですね。

でも本来の「荘厳」「畏敬の念」の意味から離れて、日常的な「すごい」「やばい」「素敵」「優秀」などの意味に使えばこれはもう立派なスラングです!

ちなみに元の意味にもスラングのAwesomeにも悪い意味はありません。

【スラングの「Awesome」カジュアルに使う! 】

スラングになって意味が軽くなってもやっぱり「すごい」「すばらしい」という表現です。

どのくらいすごいかの感じ方は人それぞれなので自分が「すごい」と思ったら使えます。

特別に綺麗だったり、気が利いていたり、優秀だったらそれはAwesomeで表現できます。

このようなスラングで使う日常的で軽い意味のAwesomeもネイティブの間でかなり市民権を得てきているのも事実です。

またレストランなどではスタッフから、快い返事としての「Awesome!」もよく聞きます。

【スラングの「Awesome」例】

ネイティブはこの表現を本当によく使います。

もらったプレゼントや映画の内容、洋服のセンスに至るまでこの言葉を聞かない日はないというくらいです。

例1 )(awesomeを使わない)
What's for dinner tonight?
今晩の夕食はなに?

How about sandwich?
サンドイッチはどうかな?

Sounds good
うん、いいね

*夕食にいつものサンドイッチだったらまずawesomeは使いません。

ありふれた、なんでもないものには使わない単語です。

例1-2 )(awesomeを使う)
What's for dinner tonight?
今晩の夕食はなに?

Tonight is special Sushi.
今夜はスペシャル 寿司だよ。

Wow, awesome!
ええ、すごいや!

*スペシャル寿司っていかにも豪華そうです、 awesomeな夕食に違いありません。

例2 )
We had an awesome birthday party last week!
先週、すっごい素敵なバースデーパーティしたんだ!

* 何年も会っていない親友たちがサプライズで駆けつけてくれて感動的だったなんてパーティならan awesome birthday partyで表現すると「なんだかすごいパーティーだったんだな」と聞き手にも伝わります。

例3 )
Do you know the doctor?
あなたあの医者を知ってる?

Yes, he is awesome.
うん、彼は素晴らしいよ。

例4 )
Some asian countries dragons are viewed as awesome creatures filled with power and wisdom.
一部のアジアの国のドラゴンは、力と知恵に満ちた素晴らしい生き物と見なされています。
例5 )
Your black convertible is totally awesome.
おまえの黒のコンバーティブルってまじで最高。
例6 )
The view directly below the small bridge was awesome.
小さな橋の真下の眺めはすてきでした。
例7 )
Must have been an awesome moment in your life....
あなたの人生の中で素晴らしい瞬間だったに違いない...
例8 )
It's an awesome thing that we can see all our best friends again.
私たちの親友全員に再び会えるのは素敵なことです。
例9 )
I have got an awesome teacher.
私には優秀な先生がいます。

【スラングの「Awesome」の反対意見】

スラングとしては比較的新しく、その軽い使い方には数十年前まではかなりの反対意見があったようです。

言葉の意味も軽いのですが、その対象となる物(人、光景)もまた弱すぎるというのが理由だそうです。

「“特別感のないもの”“日常的なもの”など感動に重量のないことには使うべきではない」という考えを持った人がいるのです。

現在はスラングのAwesomeもかなり浸透して認められてきていますが、スラングの意味のままではフォーマルには使えません 。

本来の意味でAwesomeを使ったことがない、またはまだ意味がはっきりつかめていないならAwesomeをフォーマルに使うことはやめておきましょう。

聞いているに人はいつものスラングの意味に聞こえてしまうかもしれません!

ここだけの話ですが、ネイティブでさえ本当の意味を知らない人は結構いるのです。

AwesomeってそれほどAwesomeなスラングなのです!

【Awesomeの代わりに使える表現 11選】

かっこいい表現も毎回使っていては魅力も半減しますね。

表現にぴったりする状況を選んで言って、初めてクールな言葉になるのです。

それでも英語で「すごい」「素晴らしい」「ハンパない」と言いたいときはいくらでも出てきます。

そんな時のために代わりに使えるネイティブ表現をたくさん用意しました。

Amazing
Nice
Beautiful
Outstanding
Wonderful
Unbelievable
Fantastic
Incredible
Stupendous
Surprising
Wonderful

例1 )
Amazing驚くべき、すごい、素晴らしい

I heard that she has an amazing voice.
彼女は素晴らしい声を持っていると聞きました。

例2 )
Nice 見事な あざやかな、素敵な

I bought a nice truck.
素敵なトラックを買いました。

例3 )
Beautiful美しい、綺麗な、申し分のない

Your dress is very beautiful.
あなたのドレスはとても美しいです。

例4 )
Outstanding傑出した、実に優れた

My Mom says that you are an outstanding student.
私のお母さんは、あなたのことを本当に優秀な 生徒ねって言うわ。

例5 )
Wonderful驚愕すべき、すてきな

This vacation was so wonderful for me.
この休暇は私にとってとてもすてきなものでした。

例6 )
Unbelievable sight.
それは信じられないほどの光景でした。
例7 )
Fantastic素晴らしい、素敵な

Many of the mountains are of fantastic shape.
山の多くは素晴らしい形をしています。

例8 )
Incredible途方もない、非常な、信じられないほどの

It was the most incredible food in the world.
それは世界で最も信じがたい食べ物でした。

例9 )
Stupendous巨大な、素晴らしい

Just sit a while and enjoy the stupendous view and lovely colors.
しばらく座って、素晴らしい景色と美しい色をお楽しみください。

例10 )
Surprising 驚くべき、意外な

It is surprising that you are here in Austria.
あなたがオーストリアにいるのは驚くべきことです。

例11 )
Wonderful驚愕すべき、素晴らしい、不思議な

You are a wonderful husband and dad.
あなたは素晴らしい夫であり父です。

【Awesomeの代わりに使える表現 〜スラング〜】

スラングの代わりもやっぱりスラングで表現したいならこちら!

気の知れた仲間や親しい友達どうしでスラングを使って自由に気持ちを表現してみましょう。

Crazy
Cool

Crazy:素晴らしい、良くも悪くもずば抜けたもの、桁外れな状況を指すときに使います。

日本語の「ばかデカイ」の「ばか」や「超」「まじ」などもCrazyで表現できます。

例1 )
He has a crazy cute puppy.
アイツんちにクソかわいいが仔犬いるよ。
例2 )
His puppy is crazy ugly.
彼の仔犬ってめちゃくちゃブスなのよ。

Cool:素敵な、いかす、かっこいいという代表的な表現です。

Awesomeなら意味の深みを表現できますがCoolならスマートさを前面に出せます。

例3 )
The new style computer is so cool.
ニュースタイルのコンピューターってまじでカッコイイよ。

【さいごに】

英語を話すようになるとすぐに気がつくことがあります。

英語で敬語、特に謙遜、へりくだりの表現をしようとすると苦労することです。

その代わりなのでしょうが、英語には人を褒めたり、持ち上げたりする表現が本当にたくさんあります。

もうこれはネイティブたちの性格なのでしょう、ことあるごとに人を褒めては喜ばせてくれます。

Awesomeも過剰な褒め言葉からきたのでしょうが、今では普通の褒めの言葉スラングに落ち着いています。

でもスラングって意味があってないようなものです。

レジでお金を払っただけなのに「Awesome!」と言われたりするのです。

大きな意味で考えればどれもこれもAwesomeなのでしょうが、元の意味を考えるとやっぱり何かに強く感動したり深く印象づけられることに使いたいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事