英語を学ぶためのアドバイス Advice for learning English

If you ever thought to yourself. “Why doesn’t anyone understand my English?”

Then here is some advice for you!

 

「なんで私の英語が通じないの?」と思ったらこのアドバイスを読んでみてください!

 

Point 1

It’s okay to speak slowly.
ゆっくり話しても大丈夫ですよ。

 

Some people believe the faster you speak, the more fluent you will sound. This is not true!

人によっては、あなたが早く話せば、あなたが英語をペラペラ話しているように聞こえると思っています。これは勘違いです!

 

Everyone has their own pace of speaking. What’s important is that you feel comfortable!

誰でも自分が英語を話す独自のペース(スピード)があります。一番大事なのは快適に英語を話せる事です。

 

Point 2

Be Direct!
ダイレクトになりましょう!

 

It’s okay to be direct and get the point across rather than worry about the grammar and making mistakes. 文法や発音の間違いをすることを気にすることより、ダイレクトに英語を話すようにした方が、あなたが言いたいことが伝わりやすくなりますよ。

 

And most importantly…

そして一番重要なのは…

 

Point 3

Make mistakes!!
間違いをすることなんです!!

 

If you don’t make any mistakes, you won’t be able to fix them and improve!

間違いをしないと、あなたの英語を正しくすることも出来ないし、英語が上達しません!

 

If you worry too much about making mistakes, you’ll miss your chance to practice speaking!

間違いをする心配をし過ぎると、英語を話す練習するチャンスを逃してしまいますよ!

 

So open up and talk!!

ですので、オープンになって、英語を話しましょう!

 

Here are some of the mistakes I made while learning Japanese.

私が日本語を学んでいる時に、よくあった間違いはこちらです。

 

Actually, no one corrected me for years, and I continued to repeat the same mistakes for years.

実は、何年間も、誰も私の日本語の間違いを直してくれなかったんです。ですので、何年もずっと同じ間違いを繰り返していました。

 

ニューヨークで日本食のうどん屋でバイトしていて、「れんげ」が「電源」に聞こえました。やっと直してくれましたが、全然違う意味の言葉を言ってしまってて恥ずかしかったです。

 

「単品」が「かんぴん」に聞こえて、最近までずっと「かんぴん」と言っていましたが、誰も気づいていなかったようでした。

 

「しゃ」が「ちゃ」と言ってしまっていました。この前「くちゃみ」が「くしゃみ」だと初めて知りました。

 

間違いをすることは恥ずかしいですけど、間違いをすることを気にしないで日本語を話さなかったら、きっと今も同じ間違いがしていたと思います。

 

日本では英語を話せる機会がまだまだ少ないので、英語を話すチャンスがあれば、そのチャンスを逃さないようにしましょうね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事