RとLの発音は実はすごく簡単! 英語の音はただ日本語にはないだけ

RとLの発音は実はすごく簡単! 英語の音はただ日本語にはないだけ

英語学習者の最大の敵は「間違った情報」!

RやLの発音が苦手、という方は多いです。

頑張って練習しても、ネイティブスピーカーのように発音できない。

何かが違うけれど何が違うのかわからない。

そんな声もたくさん聞きます。

では、RとLの発音はいったいどうして難しいのでしょうか?

それは「日本語にない音だから」。

カタカナで書くとき、RもLも「ラリルレロ」で表されることが多いです。

rain は「レイン」、people は「ピープル」というように、「ラリルレロ」をあてるのがたしかに一般的ではあります。

しかしこれは、なんとか日本語の一番近い音をあてた、というだけのことなので、実際の英語の発音とはかなり違っている場合が多いんです。

実は、これが大きな落とし穴。

私たちが普段話している日本語には、カタカナ語が多く使われています。

「リビングルーム」や「トラベル」などRとLの音が入ったものもかなり多く、これこそが混乱の原因、私たちが上手く英語のRとLを発音できない元凶、と言っても過言ではありません。

英語でその単語を聞く回数よりも、カタカナ語としてその単語を聞く機会の方がずっと多いということもあります。

会話によく出てくる、もともと英語からきた単語、普段カタカナ語として使っているような単語ほど、英語本来の音を注意深く聞き、日本語との違いに気をつけてしっかりと分析しておく必要があるんです。

RとLにはそれぞれ二種類の音がある! 明るいR/Lと暗いR/Lの違いとは?

まず覚えておきたいのが、RとLにはそれぞれ二種類の発音があるということ。

明るいR/L(light R/L)、暗いR/L(dark R/L)と呼ばれています。

まずはRから確認していきましょう。

明るいR(light R)の発音で大事なのは、唇の形です。

Wの発の発音をするとき同様、少しすぼめる動きがはいります。

唇に力を入れて丸めたところからスタートする、これが明るいRの発音方法です。

もう一つ大切なのが、舌の位置です。

たとえば日本語の「ラ」は、発音するとき舌先が前歯の後ろの歯茎のところを叩いていると思います。

しかし英語のRの発音は、舌先は口の中でどこにも触れていません。

舌を口のちょうど真ん中に置いておき、舌先をどこにもくっつけないように意識してください。

その状態で唇を少し丸め「ラ」と発音すると、英語のRの発音になります。

簡単ですね!

RとLはまったく違う音。発音し分けるコツは?

では今度は明るいL(light L)を練習してみましょう。

Rの説明でも述べたように、日本語の「ラ」の発音は舌先が前歯の後ろの歯茎のところを叩いています。

舌が触れる面積を小さくして、さらに少し下方向にずらしてみましょう。

舌先が前歯の裏側にくっついている状態にしてください。

そして後ろから前歯を押すようにしながら下ろしてきます。

そうすると英語のLの発音になります。

このとき、口を開け過ぎないことがポイントです。

外から口元を見ると、舌の裏側、血管が通っているところが見えるはずです。

ぜひ鏡で自分の口元を確認しながら発音の練習をしてみてください。

このように、RとLはまったく別の音。

発音するときは唇の形、舌の位置に注意することが大切です。

暗いRとLの音は「ラリルレロ」ではない!?

明るいR/Lができるようになったら、暗いR/L(dark R/L)に挑戦してみましょう。

これは「ラリルレロ」とはまったく違った音になります。

カタカナ語はいったん忘れて、正しい英語の音をインプットしてくださいね。

暗いR(dark R)の発音は door「ドア」や earth「アース」のように「ア」の音で表現されることも多いです。

でもこの音はかなりはっきりしない、こもった音。

まさしく「暗い」音なんです。

だから「ア」のように口を大きく開いてしまうと、英語のRらしいこもった音が出なくなってしまいます。

口の開け幅、形が大きな要素なので、先生やネイティブスピーカーの口元をよく見て、口の形を真似してみましょう。

暗いRの発音は、舌をぐっと喉の方向へ引っ込めて、舌の両端の部分が上の奥歯にくっついている状態を作ります。

このとき舌先は口の中のどこにも当たっておらず、少し舌先を立てるようにしてもよいですが、巻く必要はありません。

そうなんです。英語のRの発音は巻き舌ではないんです。

舌の真ん中をくぼませるようなイメージで舌に力を入れ、ほんの少し唇を突き出すようにすると良いですね。

この状態で声を出すと「ウー」とも「オー」ともつかない、かなりこもった暗い音が出ます。

それが英語のRの発音です。喉に音が響いていることを意識しながら練習してみましょう。

主張しすぎないこと。これが暗いLのコツ!

暗いL(dark L)の発音はもっと簡単です。

まずは口回りをリラックスさせ、唇をほんの少し開きます。

ちょうど「半開き」の状態ですね。

そして舌先を前歯の裏側目がけて少し立てた状態にします。

暗いLにもさまざまな強さがあり、比較的はっきりしたくらいLの場合には前歯の裏にくっつけて発音する人もいますが、くっつけなくてもネイティブスピーカーが暗いLと認識できる音は出せます。

その状態で声を出すと「ウ」のような「オ」のような、なんとも言えない音が出ます。

これが暗いLの発音です。

ですので、people は「ピープル」ではなく「ピーポゥ」のような発音になります。

弱い音、あいまいな音だからこそ、しっかりと「あいまいさ」を表現することが肝心です。

ここがはっきりした音に聞こえると不自然な発音になってしまいます。

発音記号はいつでも英語学習者の味方

カタカナ語やスペルに惑わされず、しっかりと耳を使ってお手本の音声や英会話の先生の発音を聞き取ることがよい発音の第一歩です。

そしてもう一つの強い味方、それは発音記号です。

何度聞いても掴めない、練習しても上手くいかない、という場合もありますよね。

そういうときは、発音記号を確認してみましょう。

アクセントの位置や母音、あいまい母音と一緒に再度確認することで、より正確な発音ができるようになります。

また、発音の練習をするときは正確な口の形ができているか確認するため、ぜひ鏡で自分の口元を見ながら練習してください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事