"How are you?"へのネイティブの返事の仕方

"How are you?"へのネイティブの返事の仕方

自慢できることではありませんが、学校に行っている時は英語の成績が良くありませんでした。

でも授業のはじめに毎回やった先生と生徒の会話は一生忘れないと思います。

Good morning / afternoon, class! 
おはようみなさん!

Good morning, Miss. Smith. 
おはようございます、スミス先生。

How are you? 
元気ですか?

(I am) Fine, thank you. And you? 
ありがとう元気です、先生はどうですか?

Thank you. ( I am) fine too. 
先生も元気ですよ、ありがとう。

学校や先生によって多少違うと思いますが、どこでもこんな感じの会話はあったはずです。

ラッキーなことに私たち日本人はこれを否応無しに頭に叩き込んであります。

だからいきなり誰かに英語でHow are you? と言われても聞き取れるのです。

しかも一連の会話までスラスラ出てきます。

私、個人の意見ですが英語を母国語としない人が突然英語で話しかけられて、こんなに話せるって立派だと思うのです。

でもそれで満足しているわけではありません。

話はここからです。

もしもネイティブみたいに粋なHow are youの返事をしたいと思うなら、せっかく覚えた英語の授業の会話をちょっとだけ忘れておいてください。

生きた英会話は授業でも勉強でもないので、リラックスすることが大切だからです。

【ネイティブは隠れた意味を解読して答えている 】

どうしてHow are you?と聞くのか考えたことがありますか?

日本の辞書ではHow are you は「元気ですか?」と訳されています。

それはそうなのです、 間違いではありません。

でもここで歯切れが悪いのはどんなときでも 「元気ですか?」で片付けられないからです。

後に続くフレーズやその場の雰囲気、環境で魔法のように意味が変わってしまうのがHow are you?です。

ネイティブは無意識にどんな意味で言われたのかを理解しています。

だから答えがかっこいいのです。

と言うことは、どんな意味で聞かれているかがわかればネイティブ並みに 応えることができるのです!

— 挨拶のHow are youに対する返事

Good morning / afternoon、 Hi 、Helloなど近所 や外出先で偶然誰かにに会えばこう声をかけられるでしょう。

他人と会ったときの挨拶としてHow are you?も同じように使います。

Mailman / Postman ( 郵便配達員 )、近所の人、親しくない知り合い、まったくの赤の他人にもHow are you?と挨拶します。

*初対面の人や挨拶だけの間柄の人には無難な答えで返します。

返事例

Thanks, I am fine. How are you?
ありがとう、元気です。あなたはいかがですか?

Good Thank you. How about you?
調子いいですよ、ありがとう。あなたはどうですか?

Thank you, I am well.
ありがとう、私は元気です。

会話例

A: Hello, how are you?
こんにちは、お元気ですか?

B: Good thanks. My name is Mia. I just moved in here last night.
元気ですありがとう。私の名前はミア、昨夜引っ越してきたばかりなの。

A: Oh, wonderful. I am Susan, nice to meet you Mia!
ステキね。私はスーザンよ、はじめましてミア!

B: Nice to meet you too Susan.
こちらこそ、よろしくねスーザン。

— 社交辞令的なHow are youに対する返事

どこのお店へ行ってもスタッフが声をかけてくれます。

レストラン、グロッサリーストアー、ドラッグストアーなどのレジで Hi やHelloと一緒に必ずHow are you? と聞いてくれます。

お財布と一緒に会話の準備もしておきましょう!

もちろん、これがきっかけになって会話がはずむことだって珍しくはありません。

ショッピングも会話も楽しんでしまうのがネイティブ流です。

*友達でも家族でもない他人同様のお店のスタッフに、社交辞令的に言われたときの返事です。

カジュアルに軽く答えるとこなれた感じになります。

返事例

Not bad
悪くないよ

I'm OK.
大丈夫です

Good
元気だよ

Still alive
まだ生きてるよ

会話例

店員:Hi, how are you today?
こんにちは、元気ですか?

客:I'm OK. How are you?
元気よ、あなたはどう?

店員:Good thanks. Did you find everything you were looking for?
ありがとう、元気です。お探しのものは全てそろいましたか?

客:Yes, thanks.
はい、ありがとう。

— 意味のないHow are youに対する返事

そんなのあり?と思っちゃいますが普通にありです!

日本語にすると「元気ですか?」に対して「元気ですか?」で返事をしています。

ちょっと不思議ですね。

でも、ここまできても会話っぽくまとまるのはさすがにネイティブのなせる技です。

*気の知れた仲でのやりとりに使います。

すれ違う時にも一瞬で会話ができますね。

学校やコミュニティの中で使われることが多いようです。

フォーマルではありません、人選にはくれぐれもご注意を。

返事例

What’s up?
なんかあった?(元気?)

How’s it going?
最近どう?(元気?)

会話例

A君: How are you?
元気ですか?(よぅ)
B君: Hey, how's it going?
元気ですか?(おぅ、元気?)

— 会話の始まりの意味 のHow are youに対する返事

How are youはおしゃべりのはじまりのフレーズとしても使います。

早くおしゃべりがしたくてたまらない時は短い返事で切り上げてサッと本題へ移ります。

こういうシチュエーションは結構多いようです。

気の利いた返事を用意していた時にはちょっとがっかりするかも知れないですね。

自分が早く会話に進みたい時にも使えますので、悪いことばかりではないですよ。

*Well は「元気」の他に「えーと」「あのぅ」の意味があるので、返事として使うならI am wellです。

会話の切り出しなのか返事なのかわからないのでは相手を混乱させます。

返事例

Good
Good good
OK
Fine

会話例

友達A:Hey Helen, How are you!
ねぇヘレン、元気?

ヘレン:Good. Have you heard the news?
元気。ちょっとあのニュース聞いた?

友達A:Are you talking about the wildfire? That's terrible!
山火事のこと?あれは怖いよね〜!

— 本気で心配されているHow are youに対する返事

家族や友達の体調を気にして言う時も同じHow are youを使います。

「調子はどうなの?」「具合はどう?」と健康を気遣ってくれるのはありがたいですね。

ネイティブは感覚的に仲の良い友達や家族には体調を細かく伝えるのですが、そうでない人には多少具合が悪くてもいつも通りGood やFineで済ませます 。

*病気のとき、良くなったときのネイティブの返事を紹介します。

返事例

I am kind of under the weather.
オレちょっと具合が悪いんだ

I am still not feeling well.
私まだ気分が良くないの

Thanks, I’m much better today.
ありがとう、今日はすごく良くなった!

Thanks, I am better.
ありがとう、良くなったよ

会話例

ママ:How are you Mike?
マイク、気分はどう?

マイク: I am still not feeling well.
まだ気分が悪いよ

ママ: Are you getting worse?
どんどん悪くなってるの?

マイク: No. Actually, little bit better today.
ううん、正直今日はちょっと良くなってるよ

【ニックネームや名前、特別な呼び方をつけて親しみをこめる返事】

英語で話していると、名前が会話の中にどんどん入ってきます。

話の最初や最後に相手の名前を付けて注意を引いたり、親しみを込めたりするのです。

名前だけでなく特別な呼び方やニックネームで呼ぶのもネイティブの得意とするところです。

名前が入るだけで会話にリズムができるのでフレーズも生き生きとしてきます 。

親しみを込めた呼び方例

Honey
Sweetheart
Handsome
Baby
Babe
Cutie
Sunshine

会話例

ボブ:Hi, how are you Lisa?
やぁ、元気かねリサ

リサ:Thank you, Bob. I am pretty good. How are you?
ありがとうボブ。すごく元気よ、あなたはどう?

ボブ:Good thanks.
元気だよ、ありがとう

会話例

ご主人:Good morning, Beautiful. How are you today?
おはようビューティフル、ご機嫌いかがかな?

奥さん:I am super sleepy. Can you bring me a cup of coffee Handsome?
めちゃくちゃ眠いわ。コーヒーを持ってきてくれる?ハンサムさん

ご主人:Sure.
はいよ

【How are youと同じ意味のフレーズに対しての返事】

How are youと同様に使われるフレーズをたくさん知れば知るほどHow are youの正体がつかめてきます。

実は奥が深いフレーズなのです。

日常的How are youと同じ意味で使われているフレーズと返事も知っていて損はありません 。

− こんなにある How are youの代わりになるフレーズ

How do you do. 
ごきげんよう

How are you doing. 
お元気ですか?

How are things going. 
最近どうよ?

How was your day? 
今日はどうだった?

How are things goings? 
どんな調子?

What's new with you? 
最近どうなの?

What's up? 
調子はどう?

What's going on? 
どうしたの?

What’s new 
なんか変わったことでもある?

What’s happening 
どうしたの?

What are up to? 
なにしてるの?

返事例

Nothing much.
変わり映えしないよ

Not a lot.
あんまり変わんないよ

Oh, just the usual.
普通だよ、普通

【How are you の返事で笑わせる 】

英語圏だったらスポーツ・学校・政治の世界でさえ、あの手この手で人を笑わせようと工夫してきます。

How are youの返事もまた普通では気に入らないという人もたくさんいるのです。

ぜひ自分で面白い返事を作って楽しんでください!

返事例

I think I’m doing OK. How do you think I’m doing?
元気だと思うよ。っていうかどう?オレって元気にやってるの?

I have a pulse, I must be okay.
脈があるわ、大丈夫!

Surviving, I guess.
生き残れてる感じね

【 ネイティブが使うhow are youの 返事例30 】

Beautiful. 
ステキなもんだ

Good thanks. 
元気です、ありがとう

Not bad. 
悪くないよ

Fine, thanks. 
調子いいよ、ありがとう

Very well, thanks. 
すごくいい感じだ、ありがとう

Pretty good. 
かなり元気だよ

Great! How are you doing? 
ご機嫌!あなたはどう?

I've been better. 
良くなった

Just tired. 
疲れてるよ 

I’m good. 
私は大丈夫よ

I’m fine. 
元気です

Pretty good. 
かなり調子いいよ。

I’m well. 
私は大丈夫です

I’m OK. 
大丈夫だよ

Not too bad. 
悪くないね

Yeah, all right. 
うん、元気だよ

I’m alive. 
私は生きています。

Very well, thanks. 
すごくいいよ、ありがとう

I’m doing (really)well. 
私は(本当に)元気です

I’m pretty standard right now. 
かなり標準的だね

I’m hanging in there. 
頑張ってるよ

I’ve been better. 
良くなってるよ

I am blessed. 
ボク祝福されてるんだ

Medium well. 
まぁまぁいいよ

Sunshine all day long! 
ずっとご機嫌さ

I am high-quality. 
品質良好

Incredibly good looking. 
信じられないくらい見た目がいいだろ

Well enough to chat with you if you wish to. 
おしゃべりするには事欠かないよ

I’m better than I was, but not nearly as good as I’m going to be.
前よりずっと良くなったけどまだまだだよ

I would be lying if I said I’m fine. 
元気といえば嘘になる

In need of some peace and quiet. 
平和と静寂が必要なのだ

【まとめ】

ネイティブたちはとにかくおしゃべり好きです。

そんなの聞いてどうするの?と思うことでも聞いてきますし、話してきます。

要するに話題は重要ではないのです。

会話をしているシチュエーション自体を楽しんでいるのです。

言い換えれば本気で体調を気遣って言ってくれた時以外なら返事は「なんでもいい」のです。

話題はお天気のこと、最近のニュースでもいいし、身につけている物を褒めたりと、どこにでも転がっています。

せっかく会話の相手に選ばれたのですからしばらくはおしゃべりを楽しんでください。

ときにはジョークで返して笑いをとってください。

こう答えなくてはいけないとか、これではおかしいなんて言うのももちろんありません。

ネイティブたちはHow are youの返事ひとつでもみんな上手に自分らしさをアピールしてきます。

どんな返事をするかより、どんな会話にするかを心に留めてあれば準備はできたも同然です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事